<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

秋はおいしい♪


沖縄旅行記、まだまだ始まったばかりですが・・・
今日は我が家のごはんをUPです。



f0182962_13164566.jpg



昨日(10/29)の夕ごはんは父が作ってくれました^^
メインはカニ鍋☆

我が家では一昨日はきりたんぽ鍋、先週はすき焼きをしました。
やはり寒くなると鍋物が増えますね~。



ズワイガニがどーんと威張ってますが、とっても小さなカニです。

でも我が家ではカニは私以外にはあまり人気がないので(味は嫌いじゃないけど食べるのが面倒くさいらしい)、親子3人ならこの小さなカニ1杯で十分。


出汁はこのカニと、カニの下に隠れているこれまた小さなホウボウでとってあります。


ちなみにこのカニちゃん。
父の行きつけの個人商店で、1杯298円だったそうです。

ボイルじゃなくて、ちゃんと生のカニ。私の愛してやまないカニみそもたっぷり入ってるのに。
安い・・・。




一緒に写っているお刺身に使った鯛も同じお店で買ったもので、こちらはカニと違い立派な大きさでしたがそれでも980円。


f0182962_13294969.jpg



我が家の分、祖父母の家の分、伯父の家の分。3家族分のお刺身ができました。
(それぞれ家が徒歩圏内にあるので、父はよくお刺身を作って祖父母の家へ持っていきます)



もう一品は超BIGなマッシュルームと豚肉のステーキ。味付けはシンプルにバター醤油で。

母の勤め先の近くにある産直では、スーパーではまずお目にかかれないようなキノコや野菜が格安で売っているのでいつも母は仕事帰りに買ってきます。

この超BIGマッシュルーム(大人の掌くらいの大きさ)は、先日私が薄くスライスして焼いてみたのですが、その時は仕上がりの色が悪くなってしまいました。

今回は父が縦半分に切った状態でステーキにしましたが、こっちの方が美味しいしきれい!

キノコとは思えないジューシーさです。肉汁ならぬキノコ汁が溢れます。




キノコを使ったもう一品は、いろいろキノコのお吸い物。

f0182962_13495617.jpg



聞き覚えのない名前のキノコばかり。

この写真で分かりますか?
ひとつ薄紫色のキノコがあるんです。

父が「ほら見てごらん~♪」と言ってこのキノコを私に見せてくれた時、思わず
「毒キノコじゃないの!?」
と言ってしまいました(笑)

もちろんちゃんと食べられるキノコでしたよ。

椎茸やシメジにはない、強いキノコの風味とこりこりした食感でおいしかったです・・・が・・・
やっぱり食欲の湧く色ではない・・・(^_^;)




お鍋の〆にはお決まりの雑炊を。


f0182962_13585298.jpg




おうち焼肉の後のホットプレートで作る焼きそばとかガーリックライスもそうですが、どうして〆のごはんってこんなにおいしいんだろう・・・(^v^)




お刺身の付け合わせのパセリも、ツマに使った大根も、我が家の菜園で採れたもの。
お鍋に入っている春菊もおネギも同様。

キノコは地場のもの。
クレソンは大叔父の家で栽培しているもののおすそわけ。

お金をかけなくても、安全安心な食材でこんなにおいしいゴハンがいただけるんだから、田舎暮らしも悪くない。

おなかいっぱい、幸せな秋の味覚でした♪
[PR]
by swarm-of-meteors | 2009-10-30 13:01 | 家ごはん

カクテルタイム@万座ビーチリゾート

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートには、プレミアムフロア宿泊客専用のプレミアムラウンジがありました。


プレミアムラウンジの営業は7:00〜22:00で、常時ソフトドリンク、コーヒー、紅茶などの飲み物のサービスがあります。
7:00〜11:00までは、パンやシリアル、フルーツ、サラダなど冷製料理中心の朝食も準備されているようです。


私たちがラウンジを利用したのは、18:00〜20:00のカクテルタイムだけ。
各種アルコールとオードブルがサービスされます。




f0182962_853149.jpg



初日は運よくテラス席をGET。
テラス席で沖縄のサンセットを見ながら、プレミアムモルツで乾杯♪


柔らかい豚の角煮のピンチョス。
味付けが濃すぎず薄すぎずちょうど良くて、お肉の脂身もぷるぷるで美味しかった^^


次はオリオンビールお願いできる?(←彼に向かって)


f0182962_9133523.jpg



琉球ガラスのグラスに注がれるオリオンビールは淡い淡い琥珀色。
普通のビールに比べると色も味も薄いけれど、沖縄でビールを飲むならやっぱりオリオンビール☆



白身魚の蒸しものは少しパサついていた部分もあったけれど、甘酸っぱいソースとはじかみが淡白な白身魚によく合っていておいしかったです。
白ワインにぴったりでした^^


この頃にはすっかり陽が落ちてしまって海は見えなくなりましたが、代わりにホタルがやって来て・・・。
海の音にホタルのやさしい光。
自然に抱かれてる、なんて贅沢なカクテルタイム!



この日の他のオードブルは、カッテージチーズなどが入った生ハムのサラダ、ローストポーク、チーズ3種、ドライフルーツ。
飲み物もビール、ワイン、泡盛、リキュール、ソフトドリンクなどがたっぷり用意されていました。



彼がリキュールでカクテルを作ってくれたんだけど・・・赤い色だったことしか覚えていません。
スパークリングワインをたっぷりいただいて、その頃にはいい感じになっていたので・・(^_^;)


初日はラウンジのカクテルタイムだけでお腹いっぱいになってしまい、この後きちんとした夕食はとりませんでした。
あくまでアペリティフのつもりだったのに・・・反省。








f0182962_107211.jpg



2日目の夜は室内のソファ席でまったり。


オードブルは温かいお料理2品、冷たいお料理2品は日替わりのようです。
チーズやクラッカー、ドライフルーツは同じラインナップです。


お酒もオードブルもなくなるとすぐに係の方が新しいものを補充してくれるので、ついつい飲みすぎ食べすぎそうになりますが、この日はきちんとセーブ(笑)



ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート滞在中は、昼間は観光、夕方からはこうしてカクテルタイムを楽しんでいました^^
[PR]
by swarm-of-meteors | 2009-10-28 09:13 | おでかけ,旅行

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

9月14日。
11:55仙台発の飛行機で沖縄へ出発♪  
当直明けの彼は機内で熟睡。わたしは左肩に彼の重みを感じながら読書。
15時前には那覇空港に到着しました。
あっという間だね~


秋の仙台から一転、沖縄は真夏でした。
気温31℃・・・
沖縄の太陽が私の肌をじりじりと焼いているのが嫌でも分かりました。
到着後わずか10分で、日焼け止めのガードなんてたやすく破られるだろうと確信(T_T)


レンタカーを借りると、早速 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート へ向かいました。




f0182962_11332839.jpg


このホテルを選んだ理由は、白と青が大好きなわたしの好みだったからです^^
ホテルの内装にふんだんに使われているのは、青い琉球ガラス。
少しずつ色合いの違った青、ガラスならではの透明感。とっても素敵☆


私たちの泊まったお部屋最上階のプレミアムフロアツイン。
チェックインの時にお安くグレードアップすることができたのです^^


f0182962_11522495.jpg



まともに室内を撮った写真はこれしかありませんでした。
しかも、もうダイブした後なのでベッドにしわが・・・(^_^;)

間取りなどはスタンダードとほぼ同じようですが、最上階はお部屋から見える景色が良いとのこと。
ホテル自体が海に囲まれているので、お部屋はもちろんオーシャンビュー☆


f0182962_11552175.jpg



プレミアムフロアの特典はいくつかありましたが、一番はお部屋と同じ最上階にあるプレミアムラウンジの利用ができることだと思います。
このラウンジのことは、また別の記事で♪



初日はホテルで満喫しよう!ということで、ショップを見て回ったり、プライベートビーチやガーデンプールで泳いだり(正しくはちゃぷちゃぷしてただけ)、ハーブ入りのジャグジーに入って疲れを癒したりしました^^



f0182962_1137881.jpg


アトリウムでは夕方になるとヴァイオリンのミニコンサートや沖縄舞踊などが始まります。



f0182962_11453644.jpg


ガーデンプールに入りながら聞こえた「さとうきび畑」のヴァイオリン生演奏、この夕焼けと相まって、とっても素敵な時間でした・・・♪
[PR]
by swarm-of-meteors | 2009-10-26 12:34 | おでかけ,旅行

プロローグ・沖縄



f0182962_105388.jpg




9月のこと。
遅めの夏休みをいただいた彼と二人で、3泊4日の沖縄旅行に行ってきました^^


沖縄は二人とも初めての土地。

私は彼とお付き合いを始めるまで、海に行った経験がほとんどなかったので、沖縄の美しすぎる海に子供のようにはしゃいでしまいました(笑)




どんなに楽しい思い出も、うっかりしてるとあっという間に記憶の奥底へとどんどん沈み込んでいってしまうので、旅行中に書き留めていた旅のメモと自分の記憶力をフル活動させて、旅の記録を残しておこうと思います^^
(写真も一緒に記録できちゃうのがブログの良いところ♪)


さてさてそれでは、しばしの間、沖縄旅行記にお付き合いくださいませ・・・
[PR]
by swarm-of-meteors | 2009-10-26 03:34 | おでかけ,旅行

無事解決^^


↓ の記事でネガティブなことをつらつらと書いてしまいましたが
昨夜、母と私は笑っておしゃべりし、一緒に台所に立って、一緒にごはんを食べました。
これが普段、普通の状態。
あ〜良かった、元に戻って^^

母の機嫌がここまで悪くなったきっかけも、機嫌が治ったきっかけも分からないけれど、やっぱり家族は一緒に笑ってるのがいい♪



さ〜て。今日は昨日サボった分まで勉強しなきゃ!

f0182962_1043744.jpg

[PR]
by swarm-of-meteors | 2009-10-23 10:04 | ひとりごと

ブルーな時間

気が付けば私のブログはカテゴリーやタグがばらばらで見づらい。
そこで、今日は一気に修正しようとしたのですが、途中でバテました。
PCばかり見てると、やっぱり疲れますね~。



今日はなんだかお腹の調子が良くなく・・・
それなのにお昼ごはんにはしっかり秋刀魚の竜田揚げを作って、大根の煮物や温野菜と一緒に完食してしまう我が身が悲しい^^;




昨夜は久しぶりに大泣き。
泣きじゃくりながら彼にTELして、話を聞いてもらって、言葉をかけてもらったおかげで、泣きながら眠りに入ることは回避できました。

前にも書いたかもしれないのですが
やっぱり親に話を聞いてもらえない、無視されるというのはキツいです。

いくら話しかけても無言か、一言二言だけ。
いかにも機嫌が悪そうに音を立てて廊下を歩かれたり、ピシャッっと扉を閉められると、気が滅入る。



私の話を聞いた彼は「それはあれだよね、お母さんが子供だよ」と。
私の話を客観的に聞くかぎり、彼はそう思うらしい。

私も心のどこかで母に苛立ちを感じつつ、それでも苛立ちより“悲しい、寂しい”という気持ちの方が強い。
これはやっぱり子から親への情によるもの。


あとは「izu*は敏感に感じすぎるし、考えすぎる」とも言われました。
周りを気にしすぎ。
しばらく放っとけばいい。

でももう1ヶ月くらい、母の機嫌に左右され、我が家はへんてこな状態。

できるだけ早く、元の状態に戻したくて、ついつい気にしすぎちゃう。
これがいけないのね・・・


彼は私を笑わせながら慰めてくれ、アドバイスしてくれました。
感謝。


そうして眠りについたのに、昨夜私が寝る前に母に書き置きしたメモがグシャッとなってゴミ箱にあると、やっぱり朝からブルー。

わたし、母を放っとけるかな?
結局今夜も、母に気をとられてしまいそう。

母が仕事から帰宅するまでが、ブルーオーラ全開で過ごせる時間。
今日は勉強お休み、ふて寝です^^;
[PR]
by swarm-of-meteors | 2009-10-22 14:35 | ひとりごと

オリオン座流星群

ただいま庭で、東の夜空を見ています☆
携帯カメラで夜空を撮ったものの、星は写りませんでした~^_^;



田舎なのでもともと星は良く見える地域だと思うのですが、今夜はやたらとくっきり!はっきり!輝いているお星様たち。

「自分たちは恒星だぞ、自分で光ってるんだぞ~」って主張してるかのように、星のひとつずつが光っています。

まるでプラネタリウムにいるみたい。
ほんと、大げさでなく。

綺麗すぎて、気持ち悪くなりそうです。



今まで流れ星を見たことがなかった私。
でも今夜は、ひとつだけ見れました^^
オリオン座流星群のひとつかな?(たぶんそうですよね)



あれですね、流れ星って本当にあっという間で、見た直後は「あれ?今、星が降った?見間違い?」と、我が目を疑っちゃうものなんですね(笑)



明日は通院日なので徹夜はできないけれど、今夜はちょっと夜更かしして、天体観測☆彡
[PR]
by swarm-of-meteors | 2009-10-20 22:44 | ひとりごと

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ


f0182962_1547819.jpg



「THE ハプスブルク」展を鑑賞する前に、同じ国立新美術館内にある「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」でランチをいただきました。



f0182962_1548086.jpg



ミシュラン三つ星を維持し続ける「ポール・ボキューズ」。
こちらはそのポール・ボキューズのお料理をリーズナブルなお値段で味わえるお店です。
黒川紀章が手がけた開放的な空間にあるので入りやすい雰囲気で、肩肘張らずに美味しいフレンチを楽しめました。
(写真は私の席から見える光景。下の階に見えるカフェは、雑誌VOGUEとコラボしていました。)




f0182962_15501910.jpg



この日は夕食に重きを置いていたので、お昼はメインとデザートだけのセットで軽く済ませようという予定でしたが、食べ終わってみれば三人ともお腹いっぱい。
(私と同じくお料理の撮影に夢中のお姉ちゃん・・・)




f0182962_15543736.jpg



この日の限定ランチのメインは、豚ロース肉のグリル。
付け合わせは、 ベーコン、ブロッコリーの蒸し煮(エチュベ?)、タリアテッレです。


f0182962_15553276.jpg


このソースがとっても美味しかった~☆

サーブされる時に「マスタード風味のソースです」とだけ言われたのでソースの詳細は分からないのですが、りんご?か梨?が入ってるような気がしました。
あくまで私たちの予想です (^_^;)


お肉が苦手な母も「このお肉なら食べられる〜!おいし〜い^^」と、美味しそうに完食。
もちろん私も姉もきれいに完食しました♪



f0182962_15572455.jpg


デザートはクレーム・ブリュレ。

バニラビーンズたっぷりな濃厚クリームの表面はサクサク♪
「アメリ」の真似っ子をしながら食べました(笑)

食後にコーヒーが出ると思っていたのですが、飲み物は別料金でオーダーしなければならなかったので、お店を出て他の場所でお茶にしました。




あのポール・ボキューズの味を1800円で味わえるというだけあって、私たちがお店を出る頃には限定ランチは完売していました。
食べられて良かった~


国立新美術館は催し物だけではなく、カフェやランチだけのために来るのも良いかもしれませんね☆
[PR]
by swarm-of-meteors | 2009-10-15 11:54 | 外ごはん

「THE ハプスブルク」展

f0182962_935135.jpg




先週末、六本木の国立新美術館で開催中の「THE ハプスブルク」展に行ってきました。

「ベルばら」ファンとしては池田理代子さん書き下ろしの特別前売り券も魅力的ではあったのですが・・・
今回は普通に窓口でチケットを買いました。(「ベルばら」の頃の池田さんの絵だったら、絶対に買ったと思います!)





「THE ハプスブルク」は大満足の展覧会でした。

今まで何度かこういった展覧会には足を運んでいますが、今までで一番充実した時間を過ごせたかな。
それは「今まで出かけた●●展より THE ハプスブルク展の方が優れていた」という意味ではなく、絵を見る側、つまり私の知識が増えたから、という単純な理由によるものです^^

美術館に足を運ぶ度に、西洋絵画を読むためにはやはりキリスト教・聖書・神話の知識が不可欠だと感じます。
もちろん、それらを知らなくても絵は見れるのですが、知っていれば絵から色々な情報を読み解くことができて、とっても面白いです♪
今回はちょっと勉強しておいたので、ノリノリで絵を解読してきました(笑)



それにしても、ハプスブルク家のコレクションには圧倒されます。
ベラスケス、デューラー、ルーベンス、ティツィアーノ、ブリューゲル…。
きっと誰もが一度は見たことのある作品が、次々と目の前に…。

作品の素晴らしさに感動する前に、本物に直に出会えたことに感動します。

数百年前、ベラスケスがこの絵の前に立って絵筆を走らせていた。
そして今の私と同じように、あのハプスブルク家の人々がこの絵を眺めていた。
絵の前に立つと、その絵に関わった人たちの「生」が感じられて、胸がいっぱいになりました。
本当、感動です。


こんな調子の私ですから、いつかルーヴルや美術史美術館やプラドなんかに行った日には、感動して泣くかもしれませんね(笑)



ハプスブルク家の女性たち贔屓である私は、エリザベート(シシィ)の肖像画、11歳のマリア・テレジアの肖像画、マルガリータ王女の肖像画がお目当てでした。




ヴィンターハルターの描いた皇妃エリザベートの美しさは決して誇張ではありません。
写真に残されている実際のシシィと、肖像画に描かれたシシィはそっくり。
ゆえに、この肖像画に描かれた彼女の美しさに圧倒されます。
なんて美しい女性なんだろう。

白いドレスに包まれ、濃い栗色の巻き髪には銀に輝く星の髪飾りをつけ、魅力的な瞳でこちらを見つめる彼女は、何を考え、何を願っていたんでしょうか?




11歳のマリア・テレジアは素晴らしい美少女でした!(かなり大人びていて、少女とは言えないかもしれませんが)
この絵は何度かテレビで見たことがありますが、目の前で見ると、本当に美しい絵です。
「女帝」になってからの彼女とその家族の肖像画はあまり好みのものがないのですが、この肖像画だけは別格。
みずみずしい美しさ、優美さと気品を持ちあわせたマリア・テレジアの姿に、思わずうっとり…。




ベラスケスの描いた白いドレスのマルガリータ・テレサの肖像画はとっても愛らしかったです。
ベラスケスの描く肖像画は、画家の技法も素晴らしいのですが、モデルのお顔になんともいえない魅力を感じます。
好みでいうなら、私は「薔薇色の衣装のマルガリータ王女」の方が好きですが^^
(こちらは「ウィーン美術史美術館展」@宮城県立美術館 で見ました)




他にも素晴らしい作品ばかりだったのですが、工芸部門ではやはり、明治天皇からフランツ・ヨーゼフ皇帝に贈られた画帖と蒔絵は必見!
昨日描かれたばかりのように保存状態最高の画帖は、日本らしい風景や風俗、物語が描かれています。
今回初めて日本に戻ってきたものだそうなので、見られて幸運でした。




そしてたぶん、「THE ハプスブルク」展で私が一番感激したのはムリーリョの作品。
ムリーリョの絵が好きで、「無原罪の御宿り」なんて本当に大好きなのですが、本物を見たことはなかったんです。
今回、まさかまさか、本物のムリーリョが見れるとは思っていなかったので、感激もひとしおでした。
やっぱりこの人の絵、好きだな〜♪



長々と書いてしまいましたが、それでもまだ書き足りないくらい、充実した「THE ハプスブルク」展でした。
私たちが行った時には、特に激しい混雑はなかったので、比較的じっくりと作品を楽しめましたよ。
「THE ハプスブルク」、おすすめです☆
[PR]
by swarm-of-meteors | 2009-10-15 09:35 | お気に入り

皆さまへ、ありがとう♪


先日、あるお友達ブロガーさんからコメントをいただきました。
そのコメントに、とても感動しています。

うまく言葉では表せないのですが、「私が思っているよりもずっと世界は愛に充ちてるんだなぁ」という感じです。 ←う~ん、やっぱりうまく伝えられないや~(^_^;)



前の記事にいただいた皆さんからにお返事も書いていない私ですが、いただいたコメントはもう何度も何度も読みました。
そして何度も「お返事を書かなきゃ」「お友達のブログにコメントを残してこよう」と思うのですが、どういうわけか文章がちっともうまく書けないのです。
伝えたい気持ちが言葉にできなくて、長々と長文を書いては消しました。


ブログには書いていないのですが、この夏から秋にかけて、いろいろチャレンジをしてみたんです。
あくまでも“挑戦”なので、その結果が前進である場合もあれば、新たな痛みや葛藤であった場合もありました。
一歩進んだ!と思ったら、気がつけばまた二、三歩下がってた…。


でもそういう時、皆さんからいただいたコメントが本当に励みになりました。
「がんばれ」と書いてなくても、私には皆さんのコメントがエールのように感じられました。


本当にありがとう*

 
というわけで、皆さんへの生存報告としてまた記事を書き始めたいと思います。
でも、今までのように「めざせ!毎日更新!」ではなくて、書きたいことがあったら書く、不定期更新になります。


他所のブログにコメントを残す余裕はまだないので、読み逃げさせていただくことがしばらく続くと思います。
(ランキングに参加している方のところではぽちぽちっ♪と応援だけさせていただきます)


「コメントがないのにアクセスが増えたな~!」と思われた方。
それは、izu*が過去記事を一気読みしているからかもしれません。ご了承ください(^_-)-☆

その代わり、いただいたコメントにはできるだけ早くお返事しますね。(今まではコメントのお返しが遅すぎて、皆さまに申し訳なかったので)


前の記事にコメントいただいた方おひとりずつにお返事したかったのですが、皆さんへありがとうと言いたかったので、今回はこういう形でコメントの返事とさせていただきます。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

izu*
[PR]
by swarm-of-meteors | 2009-10-12 10:44 | ごあいさつ