とんかつ杉とフェルメール

昨日の夕ごはんは彼と一緒に若林区にある“とんかつ杉”へ。
常連ではないものの、ちょくちょく行かせていただいてる美味しいとんかつ屋さんです。

いつもは迷わずヒレカツ定食(850円)を頼むのですが、昨日は気分を変えてミックス定食(1000円)。

f0182962_943241.jpg



ヒレカツ2つにエビフライ1つなんですが、エビフライもとっても美味しかった!


写真だと分かりにくいかもしれませんが、ヒレカツもエビフライも大きいのでいつも2きれ食べて1きれは彼にあげるか持ち帰ります。
昨日も食べきれなかったヒレカツは彼に。
二人そろって満腹満足し、久しぶりの杉のとんかつはやっぱり良いなぁ♪と実感しました。




   * * * * *


昨日は彼と夕ごはんに出かける前に街をぷらぷらしていました。

洋服を買うつもりはなかったのに、いろいろお店を見ていたら欲しくなってしまいました。
アナトリエで欲しいお洋服がたっくさんあったのですが、アナトリエはちょ~っとお高いんですよね···。

いいなぁ♪いいなぁ♪と思いつつ、結局 NATURAL BEAUTY BASIC でトップス2着を買いました。


昨日と今日は仙台定禅寺ジャズフェスティバル☆
定禅寺と銘打ちながら駅前やアーケードでも演奏してるグループもいるので、おかげさまで(?)昨日は地下鉄もカフェも人でいっぱい。


足がくたくたで仙台FORUS内のスタバに入ったのですが、かなりの混在で音もガヤガヤ···

コーヒーショップなのにアイスティーを頼み、彼が車で迎えに来てくれるまでフェルメールの画集を眺める1時間半。
謎多きフェルメールと作品についての解説を読みながら、ルネサンス期のオランダの倫理観や風俗について思わず『へ~』と口に出してしまう恥ずかしいわたし···

『真実の愛は、ただひとりの恋人のためにある』だなんて素敵な言葉が出てくるのですが、この言葉は暗に『夫以外と通じる女は悪徳極まりない』と言っているそうです。
でもやっぱり言葉の響きは素敵です*


フェルメールの描く題材としてよく取り上げられていた『ワインに溺れる女は妻の義務を放棄し、姦通につながる』という···ワインは媚薬だ!女は酔うな!という当時のオランダに、お酒が好きな私は暮らせない(笑)

なんて思いながら彼と合流、夕ごはんを食べてから街に戻りふたりで飲みに繰り出して、ばっちりワインを飲んだのでした♪
[PR]
by swarm-of-meteors | 2008-09-14 09:43 | 外ごはん
<< カレーバーグプレート ATでランチ >>