6/14(日) 山形「三百坊」でお蕎麦をいただく。

先週末までの仙台滞在時のできごとを記事にしていくので、日付と更新日が異なりますがご了承くださいね*




先週の日曜日は彼の車で山形に行ってきました。
目的は、彼の同僚から教えてもらったお蕎麦屋さん「三百坊」でお蕎麦を食べること^^

山の細い道を進むと、その突き当りにお店はありました。

f0182962_20114734.jpg


駐車場からお店までは緩やかな坂道が続いています。


f0182962_19115276.jpg


f0182962_2320249.jpg


f0182962_20114712.jpg



広~い日本庭園と、古民家を改装したお店。
引き戸を引いて店内に入ると広い土間があり、土間にはかまど(?)もあってトトロの時代にタイムスリップしたみたい♪


f0182962_20114793.jpg


f0182962_20114874.jpg



山形らしく床の間には紅花が飾ってあり、廊下の向こうには庭園が見えます。
内装も食器も庭も、古民家らしい古さがあるのに侘びしい感じはなくて素敵*


さてさて肝心のお蕎麦です!


f0182962_20114795.jpg


f0182962_2318497.jpg


二人前以上から注文可の坊板そば(十・一そば)と山菜天ぷらをいただきました。
坊板そばは「三百坊」さんの自家栽培・地元畑作のそば粉を、自家製粉・石臼挽きして作られたもの。
こしがあっておいしいお蕎麦でした~^^

ちなみにメニューにあったもうひとつの板そばは、山形・北海道産のそば粉を使ったもの。
坊板そばと板そばでは、若干お値段が変わります。
3人以上で来れば二種類のお蕎麦を食べ比べ出来ますね☆


山菜天ぷらは天然物らしいです。
この天ぷら…。
彼の携帯の大きさで測ってもらえれば分かりますが、かなり大量なんです。でもこれで1人前。
一人で来てうっかり頼んだら、天ぷらだけでお腹いっぱいになっちゃうな~(^_^;)

山菜天ぷらはサックサクでおいしかったですが、散々田舎暮らしをしていた私としては、この山菜は大きさは立派だけれどやはり春に採れるものの方が苦味もあって好きです。




f0182962_23192230.jpg
そば湯

そしてお蕎麦の〆と言えばそば湯。
こちらのお店はそば湯が有名らしいです。(周りのお客さんの反応を見る限り)

たしかに、たしかに。
こんなにとろみのある濃厚なそば湯は初めてで美味しい!おつゆを入れなくても、そば湯だけでも美味しかったです。


いいお値段でしたが、値段の価値はありました。美味しかった~^^
[PR]
by swarm-of-meteors | 2009-06-23 21:32 | 外ごはん
<< 6/14(日) スリランカカレー 6/21(日) リベンジ!うな重 >>